双極性障害の方と面談を行いました。

面談時の状況

双極性障害で申請を考えている方と面談しました。別の方に依頼していたが、出来上がった診断書では認定されないので申請出来ないと言われたそうです。

社労士によるアドバイス

診断書を確認すると確かに受給が厳しい内容でしたが、詳しく日常生活状況を聞くともっと重い内容だと感じました。そこで具体的に判定の説明をし、正しい日常生活状況を医師に伝えて診断書を直してもらったらどうかと提案しました。
精神の場合は、医師に詳しい日常生活状況を伝えられず、軽い内容で診断書が作成されるケースが多いので注意が必要です。

ご質問はお電話あるいはメールにてお願いします

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

ご相談事例の関連記事