サポート料金

年金無料相談

メールや電話にてお申込いただきます。

●年金事務所に訪問したものの、説明が分かりにくかった方・・・

●障害者手帳を持ってはいるが、障害年金のもらい方に関してよくわからない方・・・

●何からはじめたら良いのかわからない方・・・

●障害年金をとにかく受給したい方・・・

●自分がもらえるかどうかを知りたい!という方・・・

●いくらもらえるか知りたい!という方・・・

●どうやったもらえるのか知りたい!という方・・・

など障害年金についてのご相談に乗らせていただいております。

サポート料金表

ご相談料金

・受任前のご相談につきましては、初回のご相談に限り無料とさせていただきます。

裁定請求サポート
(年金の請求手続き)

報酬は、事務手数料+報酬(1・2・3のいずれか高い額)となります。
________________________________________
・事務手数料 20,000円(税別)(注1)
 ※サポートをご依頼いただく際に申し受けます
・成果報酬
 以下の1・2・3のうち、最も高い金額(いずれも税別)
 1:年金の2か月分(各種加算額を含んだ額)相当額
 2:遡及された場合は、1に加え、初回年金額の10%相当額   
 3:10万円
________________________________________
※ 報酬をお支払いいただくのは、お客様ご指定の預貯金口座に年金が振り込まれた以降となります。
※ 「各種加算額」とは「配偶者加算」「子の加算」を含んだ額です。
※障害年金をもらうための条件の1つである「保険納付要件を満たしているか」の確認は受任後に当事務所にで代行して行います

不服申立て
(審査請求・再審査請求)

【審査請求】
 事務手数料+成果報酬 となります。
________________________________________
・事務手数料(注1)
 事案の難易度により、20,000円~50,000円 (税別)
 ※ご依頼前のご相談時に、事案の内容をヒアリングさせていただき、難易度を判断したうえで料金をご提示させていただきます
・成果報酬
 1 年金の3か月分(加算額を含む)相当額(税別)
 2 遡及された場合は、1に加え、初回年金入金額の15%相当額(税別)
________________________________________

【再審査請求】
 事務手数料+成果報酬となります 
・事務手数料(注1)
 事案の難易度により20,000円~50,000円(税別)
 ※ご依頼前のご相談時に事案の内容をヒアリングさせていただき、難易度を判断したうえで料金を提示させていただきます
・成果報酬
 1 年金の3か月分(加算額を含む)相当額(税別)
 2 遡及された場合は1に加え、初回年金入金額の20%相当額(税別)

更新

・年金の1か月分(加算分を含む)相当額(税別)
・5万円(税別)
 ※2回目以降のサポートの場合  事務手数料1万円+受給が認められた場合の報酬
 ※手続きの際に発生する郵送費・電話代・年金加入条件の確認調査等で必要経費がかかるため、実費相当として事務手数料が必要となります。

額の改定請求

着手金0円+成果報酬(①,②のいずれか、高い金額)
+事務手数料(税別)(注1)
①年金の2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
②10万円(税別)

(注1)手続きの際に発生する郵送費・電話代・年金加入条件の確認調査等で経費がかかるため、実費相当分として事務手数料20,000円(税別)をいただきます。

サポート料金に関するよくあるご質問

障害年金請求サポート業務の内容

裁定請求の代理人として裁定請求に係るすべての事項についてのサポートをいたします。

具体的には以下のサポートを行います。

裁定請求の代理人として裁定請求に係る以下の事項を行います。
 ●裁定請求について個別具体的なあらゆる相談(面談を含む)
 ●受給資格・要件の確認
 ●診断書の記入内容の助言と点検
 ●医師への診断書等証明書の作成依頼書の作成または依頼時の同行(※有料)
 ●必要に応じて、上記医師の証明書の受取代行
 ●病歴状況申立書または病歴就労状況等申立書等、上記請求に係る申立書の作成・点検
 ●裁定請求書の作成と提出時添付書類の点検
 ●必要に応じて、戸籍抄本・住民票等の行政機関証明書の請求と受取代行
 ●必要に応じて、金融機関への口座確認証明の請求と受取代行
 ●年金事務所への書類提出
 ●請求代理人として、請求について年金事務所からの問い合わせ・照会に対する応対
 ●決定に不服の場合の審査請求・再審査請求についての代理・書類作成・陳述の代理
 ●不支給決定の場合の再裁定請求についての上記の全ての事項

その他
 ●ご依頼時に着手金を申し受けます。
 ●最初の決定に不服の場合の不服申立についても新たな着手金はいただくことなく、継続して、審査請求・再審査請求を代理して行います。
 ●遠方への交通費・出張費、医師への診断書等依頼同行時日当は別途ご請求させていただく場合があります。
 ●診断書・公的書類等の発行手数料等は別途ご負担をお願いいたします。

審査請求・再審査請求業務の内容について

代理人として審査請求に係る以下の事項を行います。
 ●不服申立について個別具体的なあらゆる相談(面談を含む)
 ●診断書・意見書などの記入内容の助言と点検
 ●陳述書の作成および意見陳述についてのあらゆる相談
 ●公開審理への出席と意見陳述
 ●その他、上記に付帯する業務

その他
 ●着手金はご依頼時に申し受けます。
 ●審査請求が棄却され、引き続き再審査請求を行う場合は、新たな着手金はいただくことなく、再審査請求を代理して行います。
 ●医師へ面談・書面依頼時の同行時については日当をご請求させていただく場合があります。
 ●遠方への交通費・出張費は別途ご請求させていただく場合があります。
 ●診断書・公的書類等の発行手数料等は別途実費のご負担をお願いいたします。

※審査請求・再審査請求とは…

 障害年金の請求(初回)をした結果

 ●不支給決定を受けた
 ●決定された等級や内容に納得がいかない!

といった場合、その決定に対し、不服申し立てというものが出来ます。

この不服申し立てのことを審査請求といいます。簡単に言えば、2回目の請求です。

再審査請求とは、この場合で言うと3回目の請求のことです。